十勝千年の森/TOKACHI MILLENNIUM FOREST

十勝千年の森では、大自然を体験できる北海道ガーデンの他、ヤギの哺乳体験なども楽しめるファームガーデン、見て食べて楽しめるキッチンガーデンや現代アートの展示、セグウェイに搭乗できる体験ツアーがあります。

セグウェイガイド
ツアーお申し込み
  1. ホーム
  2. 森からの便り
  3. ガーデンピクニックを演出する、魅惑のランチボックス

ガーデンピクニックを演出する、魅惑のランチボックス

 アースガーデンの入り口に、休憩所としても使われている「キサラ」という施設があります。レンガがアーチ状に組まれた天井の高い室内は、夏でもひんやりと涼しく、歩き疲れた体を休めるのにぴったり。2020年シーズンに同所で、飲み物やランチのセットを提供し、ふだんは帯広市内の有名レストランで総料理長を務める馬渕善範(52)にこだわりを聞きました。

来場者の好みの時間、場所で楽しめる 看板商品の「ガーデンボックス」(1000円、税込)は、その日の朝に焼いた3種のパンと2種のフレーバーバター、とろねぎとじゃがいものスープ、リンゴタルト、採れたて野菜のマリネまで付いたとても豪華なセットです。
 その名の通り、すべて箱に入っているので、気軽に園内のどこへでも持ち運びOK。「広大な十勝千年の森の中で好きな場所を見つけて、大自然の中で味わって欲しいと作ったメニュー。気軽にピクニックを楽しんでほしい」と馬渕は話します。ガーデン内で採れた新鮮な野菜やチーズ

 野菜のマリネは、十勝千年の森で採れたズッキーニやリーフレタス、トマトなど新鮮な野菜だけを使用。園内のチーズ工房で生産されたラクレットチーズがアクセントになっています。
 評判の2種のフレーバーバターは、ハーブとドライフルーツ。バジルやオレガノが香る塩気の強いバターと、レーズンやアプリコットが練り込まれた甘いバターは、それぞれパンに付けても十分においしいのですが、混ぜて食べるとまた違った味を楽しめます。箱の中から“小さなガーデン”のサプライズ! フタをあけてまず目に飛び込んでくるのは、ナスタチウムなどの色が鮮やかな花。キサラファームの畑で栽培する無農薬の食用花「エディブルフラワー」を飾りに使って、箱の中に小さなガーデンを演出しています。馬渕は「家族連れでお子さんが来たときには、『どの花を入れたい?』と聞いて、オリジナルのガーデンボックスを作ってあげます。そうすると、すごく喜んでくれますよ」といたずらっぽく笑います。

 道外から来たお客さんには、「コクがあるのにすっきりとした飲み口で、必ずおいしいと言ってもらえる」と「十勝よつ葉牛乳」(500円、税込)を勧めます。キサラに立ち寄ったお客さんには、周辺の木の説明や、この地に伝わるアイヌ神話を披露することもあるそうです。「ここ(十勝千年の森)へ、みなさん楽しもうという気持ちで来ているのが伝わる。わたしも食事やお話を通じてそのサポートがしたい」という想いを胸に、森の調理長はきょうも腕をふるっています。

馬渕善範

馬渕善範

Yoshinori Mabuchi

シェフ

十勝・帯広市出身。帯広小、帯広第一中、帯広三条高卒。高校卒業後、札幌のレストランで料理人の道を歩み始めた。2012年に十勝毎日新聞社グループの「十勝農園」料理長に就任、現職。17年には、フランス料理調理師で構成する全国組織「日本エスコフィエ協会」(東京)の最高名誉の一つ「ディシプル章」を受賞。日本氷彫刻会帯広支部支部長や十勝産小麦支援協議会会長を務めるなど、幅広く活動している。

953view